夜のお店で働くポイント

風俗で働くのって怖くない?どうしたらいいか分からない…ワンナビバイトなら大丈夫♪
風俗バイトの先輩達が、あなたに合ったアドバイスを贈ります!

風俗求人の「給与保証」ってなに?

2023.01.25
風俗の基本知識

 

ほとんどの風俗では接客した分だけお給料がもらえる歩合制を取り入れています。

頑張った分だけお給料がもらえるから日によっては1日で10万円に!なんてことも夢ではありません。

ですが、言い換えればお客様がつかない限りは給料が0円ということなんです…。

沢山稼げるかもしれないけれど、もしかしたら0円かも…というのはあまりにリスキーですよね。

そういったことがないように、お店側が用意してくれている制度が「給与保証」です。

今回はこの「給与保証」についてお話していきます。

 

*日給保証(待機保証)

 

1日毎に保証金額を設定されています。

お店が提示する出勤時間や出勤日数をクリアした場合に適用されます。

週5日8時間以上の条件が一般的な条件です。

お店によって12時間以上やこの曜日と指定されることもあります。

また、月単位で指定した本指名本数を獲得した場合といったお店もあります。

 

 

*期間保証(トータル保証)

 

入店してすぐの女の子は注目度が高いですが、仕事慣れしていなかったりテクニックがないことでリピートに繋がらないことも…。

そういった新人の女の子については仕事に慣れるまでの3~7日間の数日間や1~3ヵ月といった数か月といった決まった期間は給与が保証されるパターンです。

この保証が適用される場合は、期間終了後に保証した金額が支給されます。

こちらであっても決められた日数や時間が条件として課されることがほとんどです。

 

 

*時間保証(時給保証)

 

ヌキがあるピンサロやメンズエステ等では、出勤している時間にあわせた時間保証があります。

保証の相場は1,000~1,200円程度。

普通のバイトよりやや割はよく、お客様が着けばしっかり稼げますよ。

 

 

保証制度を適用したらどうなるの…?

 

例~日給保証が3万円の場合~

ただし、8時間以上勤務したときに限り保証対象

 

・10時間働いたときの売り上げが2万円のとき

2万円しか稼げなかった場合、保証が適用される8時間を越えており保証割れ(保証金を下回っている)しているため保証の対象になります。

今回の場合、この日のお給料は3万円になります。

 

・6時間働いたときの売り上げが2万5千円のとき

保証金額の3万円以下ですが、保証が適用される8時間を下回っているので保証対象にはなりません。

今回の場合、この日のお給料は2万5千円になります。

 

・7時間働いたときの売り上げが4万2千円のとき

保証が適用される8時間を下回っているため対象外になりますが、8時間以上だとしても3万円を超えているのでどちらにしても保証対象外です。

今回の場合、この日のお給料は4万2千円になります。

 

 

まとめ

保証制度は安心要素としてあるにこしたことはありませんが、一見よく思えても実は条件がとてもじゃないけどクリアできないというようなお店もあります。

保証内容に思わず飛びついてしまいますが、条件がクリアできるかどうかまで含めて検討するようにしましょう。

働いてみてから違った!というのでは遅いので、面接の段階で聞くようにしてみてくださいね。